銀行1

即日融資は消費者金融の専売特許と思っている方は多いかもしれません。

ですが実は銀行系カードローンでも即日でお金を借りる事が出来るのをご存知でしょうか?

低金利で高額融資が可能、その上すぐその日に借りれるとなれば誰もが利用したいと思うことでしょう。

ここでは銀行系カードローンで即日お金を借りる方法を解説します。

最近は消費者金融よりも銀行系カードローンの方が融資に積極的です。

利用者も年々増加しており、以前よりも利用しやすい環境へと整ってきています。

そしてより利用者を増やすためにか即日で対応する銀行系カードローンが多くなりました。

但しここで注意して欲しいのが、審査は即日でも融資は翌営業日以降という銀行がある事です。

銀行2

ホームページや広告には堂々と「即日OK」と記載されていても、必ずしも即日で融資が受けられるわけではありませんし、ましてや銀行の場合審査が即日であり融資はその日に対応しない事が多いです。

よくよく確認すれば気がつく部分なのですが、「審査対応が即日であり融資は翌営業日以降となります」と記載されていることが多いです。

ちょっと意地悪に感じますが、この様に紛らわしい宣伝をする銀行も多いですから、申し込み前に当日中に融資が受けられるかよく確認しましょう。

銀行系カードローンの即日融資は口座振り込みで対応となります。

ローンカードは契約後に郵送で届きますので物理的に間に合いません。

また大手消費者金融のように自動契約機でカード発行といった方法が取れません。

ですから即日融資は口座振り込みで対応しています。

口座振り込みで注意したいことは2点あります。

1つは営業時間、もう1つは銀行口座の指定です。

御存知の通り銀行の営業時間は概ね9時~15時となります。

この時間内に行なわれた手続は当日中に反映されます。

しかし15時以降に行なわれた手続は翌営業日以降に反映となります。

ですから銀行系カードローンで即日融資する場合は、銀行の営業時間に注意しなければいけません。

何時まで申し込みすれば即日融資可能なのか、締切時間を必ず確認しましょう。

銀行の場合、午前中で締め切りところが多く非常にタイトです。

インターネットで申し込み可能ですから前日の夜には申し込みを済ませておくと良いでしょう。

そして2つ目の銀行口座の指定ですが、実は銀行系カードローンの中には振込先の銀行口座に指定がある場合があります。

例えばA銀行のカードローンで即日融資を受けるには、そのA銀行の普通預金口座を持っていることが条件、といったようにです。

銀行3

基本的には申込みする銀行の口座を指定することが殆どです。

指定の銀行口座を持っていなければ口座を開設してから申し込みとなりますので、当然即日融資は間に合いません。

銀行系カードローンで即日借入する場合は上記2点を必ず確認してから申し込みしましょう。

以上のように銀行系カードローンの即日融資は条件がかなり厳しいです。

また審査が厳しいため即日融資可能と謳っていながらも、当日融資に間に合わないことが非常に多いです。

営業も平日のみですから土日祝日は審査も契約も出来ません。

平日の15時までと制約がかなり厳しいですから、利用できる方はかなり限られてきます。

であれば金利は多少高くなりますが、大手消費者金融で即日キャッシングを検討してみるのも良いでしょう。

自動契約機がその場でカード発行しますので口座振り込みだけでなく、カードでの即日借り入れが可能です。

申し込み締切時間も19時前後と時間にもかなり余裕が持てます。

事前に申込みして仕事帰りに契約してそのままコンビニATMでキャッシングなんてことも出来ます。

しかも嬉しいことに土日祝日も営業していますので、週末にお金が必要になった時でも安心です。

営業時間も平日同様に遅くまで対応していますので必要になった時にお金を借りる事が出来ます。

大手消費者金融は対応が非常に柔軟ですから即日融資できる可能性が非常に高いです。

審査透過率も高いですから、非正社員でも気軽に利用できます。

銀行4

また会社が休みの日だと在籍確認の問題があって即日融資できないなんて事もあるかと思います。

銀行は基本的に電話での在籍確認ですが、大手消費者金融なら社員証や保険証の提出で在籍確認をクリアできます。

書面提出で良いから勤務先に電話が行かず、職場の人に借金していることがバレル恐れもないので安心です。

消費者金融は金利が高いから利用したくないという方は無利息サービスのある業者を選ぶと良いでしょう。

大手消費者金融の中には、一定期間無利息で貸付けするサービスを提供しているところがあります。

短期間で完済できる方や一時的な利用目的の方は、銀行で借りるよりもずっとお得です。

即日融資の可能性が低い銀行系カードローンに無理に申し込まず、大手消費者金融を一度検討してみてはどうでしょうか?