学生のキャッシング

学生がキャッシングでお金を借りることは可能です。

ローンは社会人でないと組めないと思っている方も多いようですが、実際はそんなことありません。

学生でも借り入れ可能な金融業者はありますので、学生だからといって諦める必要はありません。

ただし学生は社会人のように仕事も収入も安定しているわけではありませんので、申し込み可能な業者がある程度限られてきますので、その点を理解した上で利用しましょう。

また融資限度額も一般のかたよりも少なく設定されることが多く、限度額は最高でも50万円程度が限界となります。

カードローンは満20歳以上であれば基本的に申し込み可能ですが、学生という理由だけで申込不可とする業者も多いですから、申し込み前によく確認しましょう。

 

また上述したように借り入れが可能であっても貸付額は低額です。

卒業など環境が変わりやすいと言うこともあり、あまり大きな利益が見込めないというのが貸金業者の見解です。

学生は収入の安定性がイマイチですから、利益が少なく業者からすればあまり魅力がありません。

その為、学生への貸し付けを断る金融業者が多いのです。

 

そんな学生向けに作られたのが学生ローンです。

学生という立場上、キャッシング業者と契約できない学生向けのカードローンです。

学生ローンと聞くと学費にしか使えないのでは?と思う方も多いですが、学生ローンの資金使途は基本的に自由です。

学費や就職活動などはもちろんの事、生活費や旅行にも自由に使うことが出来ます。

但し全て自己責任のもとで行うということを忘れないで下さい。

学生だからといって返済できなくても親にお願いすればなんてことは出来ません。

業者側も返済できないなら親に払ってもらおうという考えはありません。

学生ローンであっても社会人同様の扱いとなり、申し込みした本人との契約になります。

ですから返済の見込みが無い人には貸し付けは行ないません。

 

当然審査が緩いということもありません。

ですから学生がローンを組むには安定して収入が必要になります。

アルバイトをしている学生は多いでしょうから、借りれる可能性は十分にあると言えます。

もちろんバイトなどしていなくて本人に収入がないのであれば申し込みは不可となります。

親の同意があれば借りれるなんてこともありません。

 

因みにオークションやチケットの転売、パチンコなどによる収入は安定収入とは認められません。

いくら儲けようとこれらの方法で設けた収入は安定収入とは認められませんので注意してください。

また親からの仕送りを受けている方も多いかと思いますが、これも収入とは言えません。

あくまでも自分が働いて稼いだお金が安定した収入と呼べます。

日雇いのアルバイトなど所得税の発生しない仕事は収入扱いになりませんので覚えておきましょう。

 

因みに未成年の方は収入があっても申込不可となります。

未成年というだけで申し込み条件を満たしていませんので、この場合は諦めるしかありません。

学生ローンも貸金業です。

金融庁に登録された正規の貸金業であれば、利用履歴などの情報は全て指定信用情報機関に記載されます。

ですから返済が一日でも遅れればその事実が記録されます。

 

社会人になれば車を購入したり家を購入したりと大きなローンを組む可能性が出てきます。

そのような時に、信用情報に問題があるとローンを組みたくても組めない可能性があります。

将来のことも見据えて返済は必ず期日を守ってするようにしましょう。

学生ローンは低額融資ですが、実は金利も低めです。

収入がそこまで多くない学生だからこそ返済負担を出来るだけ抑えるため低金利となっています。

通常のカードローンよりも低い金利設定になっていることが殆どです。

また少額の借入でも返済回数は多めに設定できる場合が多いです。

返済回数を多くすることで月々の返済金額を少なくすることが出来ます。

学生がキャッシングするためには収入の安定性の他に勤続年数も関係してきます。

アルバイトをし始めたばかりですと仕事も収入も安定しているとはいえず審査通過は難しいです。

最低でも半年、理想は1年以上アルバイトを続けていることです。

1つの職場で長くバイトを続けている方が審査は有利となります。

 

収入が安定しており勤続年数が1年以上あっても、信用情報に問題があれば審査通過は出来ません。

ローンやクレジットの利用履歴を信用情報と言い、これらの情報は指定信用情報機関に登録されています。

返済延滞や滞納をすると事故情報として記録が残ります。

この事故情報はマイナス評価となるもので、一つでもあると審査通過の可能性は限りなくゼロに近いです。

また逆にローンやクレカの利用実績が全く無い方も審査に通りにくいと言われています。

他社借入があると審査に通るのは難しいですが、利用実績次第ではむしろ有利になるケースも多いです。

それは毎月期日を守って返済しており、定期的に借入れを行っている状態であることです。

このような方は基本的に貸金業者から優遇されます。

ローンやクレカの利用履歴がないとその判断が出来ませんから融資判断が難しいのです。

ですからローンやクレカを利用したことがないという方は、まずは作りやすいクレジットカードで利用実績を積んでからカードローンに申し込むと良いかもしれません。

もちろん実績がなくても審査通過は可能ですが、より確率の高い方法を選択するのであればこの方法はお勧めです。

学生向けに貸し付けを行っている業者は少ないです。

消費者金融ですら学生お断りのところが多いですから、まずは検索してみて、利用可能かどうかよく確認してから申し込みしましょう。